2007年01月01日

新年祝賀の会にて

新しい年が明けた。
このめでたいときに思い出すのはやはり上様、信長様のことである。
新年祝賀の会には様臓な事が起きた。

いい事もあった。例えば天正8年の出来事である。
あの時は、細川殿と属緒に呼ばれ、姻戚を結ぶよう申しつけられた。
玉子と細川殿の嫡男忠興殿との婚姻である。
玉子は忠興殿と面識があるし、細川殿との今後の関係から言っても、喜ばしいことだ。その上、上様とも姻戚関係を結ぶことが出来た。四女と上様の甥に当たる信澄様との婚姻である。この上なき喜びだ。

しかし、新年祝賀の会といえば、それらの喜びを吹き飛ばすほどの思い出がある。

天正2年の出来事だ。

あの日の恐怖は今なお忘れられない。
朝倉、浅井父子の髑髏を盃がわりに酒宴を行なったときだ。

starwars.gif
これは、信長様もいよいよフォースの暗黒面に落ちたか、と思った瞬間だった。

以後、気分はアナキン・スカイウォーカーを心配するオビ・ワン・ケノービ。

これからもっと恐ろしいことが起きそうな気がする、そんな出来事だった。

posted by つみれ at 10:10| Comment(7) | TrackBack(0) | 信長様の思ひ出
この記事へのコメント
光秀殿!!気持ち、わかりますぞっ!!
髑髏事件のときは本当に恐ろしくて胃が痛く・・・いててて・・・・
思い出したら余計に、痛い。
ストレスは胃に悪いって本当ですな・・・
お互い頑張りましょ・・・いたたた(バタッ)
Posted by 丹羽長秀 at 2007年01月03日 17:05
オゥ、ミスターミツヒデ(何故か英語・・・)
ナヤンデルミタイダネ。キリストキョウヲシンコウシテクレル、ミスターノブナガ・オダハベりーイイヤツカトオモッタケド、「俺は神だ!わはははははは!!!」トカ、くれいじーナコトイイダシヤガッテ。
コマッタコトガアッタラソウダンシタマエ。まい、ふれんど。ナンデモキョウリョクスルヨ・・・ムホンダイカンゲイサ・・・フフフフフ・・・・(不敵な笑み)
Posted by ルイス・フロイス at 2007年01月03日 17:19
おぉ!丹羽殿…いや、あの時は、まことに恐怖でござった!!
現代と違いいくら戦場で生首を見慣れているとはいえ、あんな扱い方をするなど言語道断…しかし、逆らうことは許されぬ戦国サラリーマン。織田家家臣はガス○ー10が手放せませんな。

それかラ、フロイスどノ!
ご心配いただきありがとサンです。
異国の方かラ見てモ、あの行動ハおかしイですナ?信長様にモ困ったものデス!
今度イロイロ話を聞いテ下サイ。

…フロイス殿と話をするとつられて変な発音になるので疲れるまするな…。
Posted by 光秀くん@つみれ at 2007年01月03日 19:54
丹羽殿!
今日のドラマでなんかいい役をやっておられましたな!さすが丹羽殿でござる、おいしいところをもっていかれた気分でござる。
Posted by 光秀くん@つみれ at 2007年01月03日 22:28
おぉ!そんないい役でござるか。
いや、それが胃が痛くなって見れなかったのじゃ。ん・・・?胃がぁぁぁぁぁ(バタリ ピーポーピーポー・・・・)
Posted by 丹羽長秀 at 2007年01月04日 13:52
☆イエ〜ィ☆
HN変えたぜぃ!!
ドラマ見たぴょ〜ん♪いやワシかっこよかったな〜(^ー^)いやいや光秀殿もカッコよかったですよ。ヘヘへ。
そんじゃまた(^ー^)/
Posted by 木下藤吉郎改め羽柴☆秀吉 at 2007年01月04日 14:01
に、丹羽殿?!丹羽殿〜!!
丹羽殿にはこのあと安土城普請の重大事業が…!!早く戻ってきてくだされ!!
(とりあえず…ノロウィルスで無いことを祈ろう…)


木下殿…。いや、羽柴殿…。
それがしドラマでも羽柴殿のテンションには中々ついていけなかった…。目の前で大泣きされたときは本当にどうしようかと…。

そ、それより、その“☆”はなんでござるか?!
“つのだ☆ひろ”でござるか?!
Posted by 光秀くん@つみれ at 2007年01月04日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2916302

この記事へのトラックバック